利用限度額の違い

キャッシング業者のホームページを見ると、利用限度額が最大で1,000万円や800万円という高額な枠を用意しているところもあります。
しかし全ての人が最高利用枠を認められるとは限りませんし、高額になるほど利用条件も厳しくなってきます。
利用限度額は個人差も大きいのですが、キャッシングの種類によって利用限度額も変わってきます。
これは業者によって審査基準が違うので、全て一定ではありませんが利用しやすい消費者金融系の場合は10万円〜50万円の間が多くなっています。
利用限度額の枠が大きくなるほど金利が安くなり、低いほど金利は高くなる傾向があります。
利用限度額の範囲内であれば、繰り返し利用も可能ですが、それを超える利用はできませんので、返済をして限度額に余裕ができるまで次の利用はできません。
利用額が多くなるほど利息も返済額も増えることもあるので、無計画に利用してると返済できなくなることもあるので注意しましょう。
計画を立てることも大切です。